NISA 比較

NISA 比較|初心者ガイド

NISAを利用して投資するには

2014年からサービスが開始されたNISA(少額投資非課税制度)
新聞や雑誌でも大きく取り上げられており、興味が沸いたという方もおられると思いますが、
証券会社の説明文は小難しくてわかりにくいというのが正直なところではないでしょうか。

 

当サイトでは、「NISAはどんな方に向いているのか」「NISAのメリット・デメリット
おすすめの口座」をわかりやすさ重視で特集していますので是非参考にされてください!

 

NISAを始めるために必要なもの

 

NISAを始めるために必要な物は、取り引きに使用する口座のみです。
口座開設に必要な物は住民票の写しと本人確認書類。
この2つの書類を送付するだけで開設することができます。

 

※投資歴が極端に短い場合や余裕資産が少ない場合は審査に通らない
場合もあります。


NISA口座 当サイト管理人のおすすめ業者

SBI証券

 

株トレーダーのほとんどが使っている業者といったらSBI証券と
断言できるでしょう。HPやツールのヘルプは初心者が躓きがちな部分がすぐにわかるように配慮されています。


楽天証券

 

玄人トレーダー御用達のツール「マーケットスピード」の快適さは
ピカイチ!マルチウインドウで自分のスタイルに合わせてカスタマイズすることができます。


カブドットコム証券

 

カブドットコム証券は三菱UFJグループの証券会社です。
証券会社の母体でみると国内で最も大きいですから、他業者とくらべて安心感が格段に上です。


 

総合的な人気だとSBIがダントツのようですね。
取り引きツールのHYPER SBIの使いやすさはトレーダーに大好評です。
各社それぞれが魅力的な口座開設キャンペーンを随時開催していますから、
そのときにいちばん魅力のあるキャンペーンをやっているところを開設すると良いでしょう。

 

※口座開設自体は無料ですから、複数開設しておくことをおすすめします。

NISAの魅力

  • 税金
  • NISAの魅力はまずはなんといっても税制優遇処置。
    株式投資やETF(上場投資信託)、REIT(リート:不動産投資信託)の投資で得た売買益や配当、分配金が100万円まで非課税になります。

     

    株は通常およそ20%の税金がかかります。
    100万円の場合は20万円の差になりますし、これが複数年になった場合はその差はどんどん大きくなりますね。

     

    預金や公社債、公社債投資信託は非課税の対象外です。

  • 自動売買
  • 自動売買ツールも各社充実していますので、会社や学校に行っている間も
    効率の良い投資をしてくれます。

メニュー

NISA初心者の方は理解を深めるために順番に読み進めてみてください。
  • STEP1 覚えておきたいNISA用語
  •  

    初めて投資をするという初心者さんの場合、そもそも説明で使われる用語すらわからない
    というケースがほとんどでしょう。それぞれ解説していますので是非覚えておきましょう!

     

  • STEP2 メリットだけではなくデメリットも知る
  •  

    魅力的な広告文句に踊らされて始めるのではなく、デメリットもしっかり把握しましょう。

     

  • STEP3 どんな投資プランを立てるか計画する
  •  

    資産運用は「なんとなく儲かればいいな」というビジョンで利益をあげられるものではありません。希望するプランやリスクリワードを明確にしてぴったりのファンドを選定しましょう。

     

NISAの注意点

 

新しいサービスということで多くの証券会社が大々的に広告しているNISAですが、
誇大表現とまではいいませんが表現が派手すぎると思う節もあります。
「今始めないと損」「今までにないお得さ」という煽りとも受け取れる表現がありますが、
投資は飛びついてまで始めるものではありません。

 

損をしたら全部自己責任なわけです。NISAだから投資で勝てるというものではありません。
資産に見合った投資を計画しましょう。


FX比較 FX 初心者
ページランク-ナビ ページランク表示ツール 教室・スクール・クラブ EARTH PR7サイト集 RANKERS ハピネスリンク METRO LINK
人気サイトリンク集 車買取相場 fax ネット 宣伝プログラムGF fax パソコン 海外バイナリーオプション